薫香「香りと室礼教室」

 豊かな気候風土に育まれてきた繊細な日本文化。
 人々は春夏秋冬と巡りくる季節に感謝をこめて、折々にふさわしい行事を生みだしてきました。
 お正月・節分・ひな祭り、端午の節句に七夕・重陽・十五夜など、そんな節目となる楽しいひとときに
かぐわしい香りをそえましょう。
 気候の変化をいち早く感じとる花々の香り、古来からの香料を調合してつくられる薫香、ナチュラルな素材のポプリ伝統的意匠の装飾など、丁寧に手作りされた数々の作品は貴方の暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。

「香り文化研究所」 主宰 宮沢敏子

新着情報

新着情報一覧

著書

日本の香り物語
― 心に寄り添う香りのレシピ

渡辺 敏子 (著)
八坂書房
価格: ¥1,575-(税込)

香りにまつわる人と人との物語を綴り、日本の香りの歴史をやさしく語る。
物語にちなむ香りのレシピ25点を収録。

香り初心者の方にも楽しく読める内容となっています。
東京上野 芸術大学美術館で開催された「香り・かぐわしき名宝」展でも書籍販売され、本当に多くの方々にご購入いただきました。
学校では教えていない、素敵な香りの物語をぜひお楽しみ下さい。

フレグランスジャーナル社発行
季刊誌「AROMA RESEARCH/アロマリサーチ」に記載されました。

書籍はこちらからご購入いただけます。