雪月花
ブログメニュー

ブログ更新 その74「芙蓉の香莚 ~香と室礼~①」

2017年6月20日  「芙蓉の香莚(こうえん) ~香と室礼~ ①」

 

 

2017年5月21日に白金の畠山記念館で開催しました

香会「芙蓉の香莚」のお写真ができましたので掲載させていただきます。

 

明月軒・軒菖蒲 「明月軒・軒菖蒲」

折枝の恋文  茶室室礼「折枝の恋文」

 

当日は五月とは思えないほどに気温が上がり、

まぶしい陽射しに包まれての一日となりました。

 

DSC_0636 「畠山記念館・正門」

DSC_0637 「若葉美しい苑内の石畳」

 

 

        

            芙蓉の香莚 

 

日時   平成二十九年五月二十一日(日)   

      ご教授  香道研究家 林煌純(はやしきすみ)先生 「組香 皐月香」  

      於・畠山記念館「明月軒」  

      主・香りと室礼文化研究所「香り花房」宮沢敏子

 

          

            会記

 

明月軒・翠庵       軒菖蒲

受付    京焼色絵仁清写し「雉香炉」          時代物

       唐草蒔絵漆塗り香台「巻き脚平卓」

       香「香木千聚・沈香」                 山田松香木店

 

本席     菖蒲の間「明月軒」  

           床  「杜若圖」大幅                 鈴木其一筆  江戸後期

           脇床  五節句「薬玉飾り」            宮沢敏子造                  

         「懸物圖鏡」公家有職造花木版図譜         西村知備著  江戸時代

 

小間     藤の間「翠庵」

           床  「藤掛松」                     宮沢敏子造

                 ※古来より松は男性、藤は女性の象徴とされ歌や絵に描かれてきました

          「折枝の恋文」木曽桧柾目三宝

                花蝶装飾花結び                宮沢敏子造

                石州紙・裾ぼかし金箔振り巻紙

                和歌          

                「よそにのみ あわれとぞみし うめの花

                       あかぬいろかは をりてなりけり」  素性法師「古今和歌集」

                  訳…今までは遠くよりなんと美しき花と眺めていたが、

                       見飽きることのないその色と香りは

                         手折りてはじめて知ることができるものでしょう。

                 

点心席    芙蓉の間

       床  「絹本蝶芙蓉圖」横幅                狩野探幽筆  江戸前期

          黒漆螺鈿装飾金具春日卓             仏器 

          切支丹花十字紋四季花鳥圖香箪笥     時代物

          正倉院の香料 (白檀・カリロク・丁子・貝香・八角・匂い菖蒲根)

          ※天平時代の香料は、薬と同様に不思議な力が宿るものとして大切に扱われておりました。

 

 

  

 

軒菖蒲  端午の五月にちなみ軒菖蒲で皆さまをお迎えしました。

 

明月軒・軒菖蒲 「明月軒」

 

2017-06-06 02.11.39 「翠庵」

 

軒菖蒲に用いる菖蒲葉は、

花を観賞する花ショウブとは別の品種になります。

根元や茎に独特の爽やかな芳香をもつこの植物は、

古来より薬用とされてきました。

 

DSC_0529 「菖蒲湯」

 

端午の節句近くになると、

お風呂に入れるための菖蒲葉が

店先に売られているのを見かけることでしょう。

ガマの穂に似た小さな花をつける匂い菖蒲は、

主に端午の節句用に生産されています。

 

ですので今回お花やさんにお願いしたところ、

もう切り尽くしてしまったとのお話でしたが、

生産者さんの尽力により

見事な菖蒲葉と蓬をご用意することができました。

 

DSC_0597 生き生きと薫り高い草の息吹に驚かされます

 

同じ時期にスクスクと葉を伸ばす蓬も大変薬効が高い植物として知られていますが

この菖蒲と蓬とを合わせて軒に葺くことで、

病がでやすい梅雨にむけて心身の穢れを祓い

邪気や厄災が家に入り込むのを封じ込めるという意味合いがあるのです。

 

 

DSC_0602 室内から眺める景色

 

私自身はじめて自ら軒菖蒲をおこないましたが、

なんとも気持ち良く、

清々しい芳香が風に乗って室内へと吹き込まれます。

 

 

 

明月軒そして翠庵は、

植物でしつらえた結界によって浄化された空間となりました。

京都の俵屋旅館などで現在でも行われている軒菖蒲ですが、

見かけることの少なくなった趣ある美しい景色に、

皆さまより感嘆の声があふれます。

 

それでは、各部屋の室礼を見ていきましょう。

今回は『藤の間』 『菖蒲の間』 『芙蓉の間』と名付け、

それぞれに季節を彩るお花にちなんだ装飾を施しました。

 

 

受付

 

2017-06-06 02.12.36 「京焼色絵仁清写し 雉香炉」

 

2017-06-06 02.12.41

石川県立美術館所蔵の

国宝・野々村仁清色絵雉香炉の写しとなる香炉に

甘さを控えた沈香のお香をたきしめお客様をお迎えです。

 

 

~藤の間~ 小間「翠庵」

 

玄関をお入りいただきましてすぐ右手に、

三畳半台目の小さな茶室「翠庵」があります。

 

小間翠庵 「藤掛松と折枝の恋文」床飾り

 

以前、著名な花人であられる川瀬敏郎さんの花会は、

ここ畠山記念館で例年行われていました。

本当の場で花を見ることの大切さを私たちに教えてくださったのです。

 

今回の会はそうした先生の教えに習い

通い続けてくださる生徒の皆様に、

ぜひ正式な場をご体験いただきたいと思う気持ちからはじまりました。

どこまでできるか判りませんが、

私が今できることを精一杯行ってみようという挑戦でもあったのです。

 

この小さな三畳半台目の茶室に、

先生は時代をまとった古胴の蓮型花器に

スクッと立ち上がる蓮を生けられました。

薄暗い空間で拝見するその花は、

シーンと限りなく静かに佇み、

まるで菩薩様が立ち現れたかのように感じたことを思い出します。

 

 

小さな茶室は昔から憧れて止まない空間でした。

 

室礼をほどこし終えて静かに座っていると

障子越しに蹲踞の水音が聞こえてきます。

 

目に映るものは樹の柱・天井、イグサの畳、土壁そして和紙の障子のみ

すべてが柔らかい光に包まれてなんと心地良いことか。

皆さまをお迎えするために朝から緊張し続けだった身体が解きほぐれ

次第に心も落ち着きを取り戻していくのでした。

 

さらに眼をつむり座っていると、

人が最後に求める世界とは、

こうした安らぎなのではないかと感じます。

 

 

スタッフの人に声を掛けられ目覚めたように現実へと戻りました。

 

私は今回、この素晴らしい空間に

平安人の繊細な恋模様をあらわしてみたいと考えました。

 

藤掛松 「藤掛松」

 

藤掛松   

藤の蔓がまるで恋人に寄り添うかのように松の枝に絡まる光景は、

松を男性・藤を女性の象徴として古来より歌に詠まれ絵に描かれてきました。

 

この度は野性の山藤を思い描き、

五葉松にからまりながら

楚々とした紫の花を垂らす藤花の光景を再現しています。

 

畳床には、

手漉石州和紙に恋の和歌をしたため

つまみ細工の蝶や布花・金物装飾で化粧をした花結びを添え

藤掛松の折枝とともに檜三宝へと飾りました。

 

 

折枝の恋文 「折枝の恋文」花蝶装花結び

 

では、折枝とはいったいどうゆうものなのかご説明しましょう。

 

 

折り枝(添え枝)   

 

電話もメールもない平安時代の人々は、

和歌をしたためた文を交わすことで自分の気持ちを伝えていました。

 

当時は、身分の高い女性ほど他人に顔を見せることはなく、

姫君につかえる乳母や女房に守られて

寝殿造りの奥深くに隠れるように暮らしていました。

ですから男性は聞こえてくる噂や、

垣間見る気配を頼りに恋心をつのらせていったのです。

源氏物語では、光源氏が女性の住まいを覗き見する描写が、

文中にいくつも登場します。

 

男性は自分の気持ちを伝えるべくまず最初に文を届けます。

公達から届けられた文は、

本人というよりもお姫様についている女房たちに渡り品定めされることになります。

和歌は巧みか、筆の流れは美しいか、

紙の種類・色・焚き染められた香の香りは高貴なものか、

などなど届けられた文を見て

うちのお姫様にふさわしいお相手かを品定めされるのです。

 

そしてこのお方ならばと許された公達は、

女房の手引きによりはじめて屋敷に入り

お姫様と契りを結ぶことができるのです。

 

 

手紙の趣向のひとつであった折枝ですが、

季節の植物を手折り恋しい女性に贈るという風習は、

世界各国で行われてきたといえるでしょう。

 

DSC_0435 紫は当時、最も高貴な色として愛されました

 

 

今回したためた和歌は、

 

『よそにのみ あわれとぞみし うめの花 

            あかぬいろかは をりてなりけり』

「古今和歌集」素性法師(そせいほうし)より

 

今までは遠くよりなんと美しき花と眺めていたが、

見飽きることのないその色と香りは

手折りて初めて知ることができるものでしょう。

 

親しい関係を結んでこそ初めて本当の素晴らしさが判るもの、

私はもっと貴方のお近くに参りたいのです。

 

と熱き恋心を伝えているのです。

 

                     DSC_0599    

 

 

          

2017年06月19日 up date

ブログ更新 その73「奈良春日大社の山藤」

2017年6月12日

 

畠山記念館での 香会の準備に追われ

ブログの更新が思うようにきずにおりましたが、

無事に会も終了いたしましたので

また少しずつお伝えしたかったことを更新していきたいと思います。

 

 

 

2017年4月

 

DSC_0463

桜の花びらも風に舞い散り、

柔らかい若葉が光にまぶしいころ

生徒の皆様と早起きをして藤のお花で有名な「足利フラワーパーク」へと出かけました。

 

DSC_0435

細く長くしだれるフジの花、

甘い香りにミツバチたちが集まります。

 

DSC_0440

房咲きのポッテリと妖艶な楊貴妃桜がまだ満開で、

それぞれに美しさを競うよう

 

 

DSC_0497 (1)

一番有名な大藤は残念ながら満開とはいきませんでしたが、

樹齢を重ねたその太くたくましい樹のあらわな姿に思わず息をのみます。

 

DSC_0428

一本の樹から千平米を超えるまでに仕立てられた藤棚の下に潜り込むと

何だかとてつもなく凄い、

四方に手を伸ばす蔓に抱き込まれるかのよう。

 

 

 

 

昔から大好きだった藤の花。

優雅で雅な植物と思っていたその印象を

一変させられることになったのは

奈良の都で出会った山藤でした。

 

今でも印象深く思い出すその旅のお話を

これから少しいたしましょう。

 

 春日大社「砂ずりの藤」

 

朱塗りのたたずまいが実に美しい奈良県「春日大社」には

「砂ずりの藤」と呼ばれる有名な藤棚があります。

 

奈良2

 

その名の通り1メートルあまりにも房が垂れさがり

地面の砂に達するといわれる雅な姿は

良く写真で紹介されていますのでご存知の方も多いことでしょう。

 

憧れていたその姿をぜひこの目で見たいもの、

という長年の思いがようやくかなったこの日、

私は胸を弾ませながら春日大社の門をくぐりました。

 

 

 

しかし、目の前に現れたその藤は

アラアラ、どうしたの?

と思うほどに房が短かく

 

奈良3 小雨模様の春日大社

 

うかがえば、房の長さは年により違うとのこと。

 

そういうものだったのね~と、

 

期待が大きかっただけに落胆も大きかったのですが、

 

藤花天冠の愛らしい巫女さんの姿に少し慰められ

お参りをして帰途につきます。

 

 

行きとは違う苔むした石灯籠が並ぶ東参道の方へと足を運ぶと

 

今まで感じた清らかな空気は一変し

力強い大地から放たれる土の香りに包まれます。

 

ふと頭上を見上げると

野性の山藤が太い幹をよじらせ、大蛇のように樹に巻きつき花をつけているではありませんか。

奈良 「二千基の石灯籠が並ぶ東参道」

 

 

春日大社の御本殿より東側に広がる春日山は、

古代より神聖なる御山としてあがめられてきました。

 

奈良時代の初め、

タケミカヅチノミコトが白い鹿に乗って御蓋山(みかさやま)に降臨したことにより、

この原生林の麓に春日大社の社殿が造営されたのです。

 

神山とされた春日山は、

古来より狩猟や伐採が厳しく禁止されてきました。

そのため現在でも太古の原始林そのままに

野手あふれる植物たちのたくましい姿を見ることができるのです。

 

苔むした古い石灯籠の並ぶ参道は何とも独特の雰囲気に包まれており

小雨に濡れる苔の強い香りのなか、ゆっくりと歩を進めていると

かつて栄華を誇った藤原一族の歴史が蘇ってきます。

 

奈良4

 

グッーと身をよじらせながら蔓を伸ばし

誇らしげに花垂れる春日の山藤。

 

千年も樹齢を重ねると伝えられるその姿は、

私の抱いていた楚々と花咲く藤の印象を一変させるものでした。

 

しかしながら、

生命力あふれる植物の強靭ともいえるたくましさに感動を覚えたのも事実で

 

美しいだけではない藤という植物の真の姿に、

私はようやく触れ会えたのかもしれません。

 

 

 

その後、今だ小雨降る中

私たちは飛鳥巡りへとむかいます。

 

 

 

日本最古の寺として有名な「飛鳥寺」

奈良飛鳥寺6

渡来人の面影が感じられるアーモンドアイの眼差しをもつ飛鳥大仏。

寺が火災にあったことから寺の規模も小さく

大仏様のお姿が大変痛々しく感じられます。

 

 

 

 

古代の石窟「石舞台古墳」

奈良飛鳥9 (2)

 

 

 

 

そして「高松塚古墳」、

東西南北を守護する四神像の壁画で有名な「キトラ古墳」へ。

ズーと興奮しどうしの飛鳥巡りでしたが

 

どこを巡っても水の引かれた田んぼのあぜ道には小さな野草が咲き

小川のせせらぎが心地よく綺麗な空気につつまれます。

 

初めて訪れる飛鳥の地で

なんとも感心したことは景観が保たれているということでした。

 

屈指の観光地でありながら車中から見渡すかぎり

ひとつも高い建築物が見当たりません。

 

これは飛鳥の人々が

この素晴らしい景観を守るため自主的になさっているということを運転手さんに聞き

なんと意識の高い人々なのかと深く感動したのです。

 

のどかな田園風景は心を和ませ、

古き時代へとタイムスリップしたかのような気持ちにさせてくれることでしょう。

 

 

かつて都が存在し、高貴な人々が住んでいた飛鳥で出会った白藤は、

決して誇示することのない人柄を現すかのように

このうえなく清らかで優しい香りを放っておりました・・・。

 

 

奈良白藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年06月13日 up date

ブログ更新その72 畠山記念館「芙蓉の香莚」締め切りと当日のご案内

5月21日(日曜日)開催の香会は、定員に達しましたので

締め切りとさせていただきます。

本当にたくさんのお申し込みを頂きまして、心より感謝申し上げます。

当日の進行予定は、以下のようになりますので宜しくお願い致します。

ご参加の皆様にはお手紙にてご案内申し上げます。

 

 

 

           『芙蓉の香莚』 当日のご案内

 

この度は、お香の会にお申し込みいただき、ありがとうございました。

思いのほか大勢の方々にご列席いただけることとなりましたこと、

大変ありがたく心より感謝申し上げます。

つきましては皆様にお気持ち良くスムーズにお過ごしいただけますよう

香席からお食事への流れを考えさせていただきましたのでご案内申し上げます。

 

 

日時  二〇一七年五月二十一日(日曜日) 十時~十五時半

 

受付  十時より

    畠山記念館の開門は九時、閉門は十七時。(美術館十時より十六時半受付終了)

    当日は、記念館の案内板に従い明月軒までお越しの上、受付をお済ませください。 

    会記・点心券・美術館入場券などをお渡しいたします。     

        

香席  午前の部の方    席入り   十時四十五分

              香会    十一時~十二時半

              お食事   十三時~十四時半

           

香席  午後の部の方    お食事   十一時半~十三時

              席入り   十三時十五分

              香会     十三時半~十五時

 

会終了  十五時半

 

 

香席とお食事のお時間以外はご自由に室礼や美術館の拝観、お庭の散策などをお楽しみください。

美術館の入場券は平成三十年三月十八日まで有効ですので、お時間に余裕のない方は後日ご利用することが出来ます。

(美術館二階茶室では有料でお抹茶をいただけます)

今回の香席は、組香「皐月香」を予定しております。

林先生の美しい香道具も拝見させていただきながら楽しく進めてまいりましょう。

また、申し訳ありませんがお荷物をお預かりするスペースがあまりございません。

どうぞご了承ください。

 

短いお時間ではありますが、

日本の伝統文化の美しさを体感していただける良き一日となりますよう

準備を整えまして皆さまをお待ちしております。

 

 

宮沢

 

2017年05月31日 up date

ブログ更新 その71「伝統文化にふれる「芙蓉の香莚」5月開催のご案内」

日本の伝統文化にふれる「香りと室礼を楽しむ会」のご案内

2017年5月21日(日曜日)開催

 

『香り花房・かおりはなふさ』は、今年で開校25周年をむかえます。

節目のお祝いとして、白金にたたずむ畠山記念館の茶室に季節の室礼をほどこし、

組香という香木の香りを聞きあてる香席を開催いたします。

 

IMG_6803

 

ご参加をご希望の方は、当サイトお問い合わせよりメールにてお申し込みください。

 

 

        『お香と室礼を楽しむ会のご案内』

 

春の明るい日差しにつつまれて、桜便りも聞かれる頃となりました。

皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

この度、畠山記念館にて「お香を楽しむ会」を開催する運びとなりましたので

ご案内をさせていただきます。

 

今回は、五月の風薫る季節にふさわしい組香を和の空間にてご体験頂くほか、

畠山美術館の特別展拝観と茶室の室礼飾り展示など、

皆さまに様々楽しんで頂ける趣向となっております。

初めての方が対象ですのでどうぞお気軽にご参加ください。

 

主催 香り文化研究所『香り花房』 宮沢敏子

 

                

名称  芙蓉の香莚(こうえん)  香道ご教授・林煌純(はやしきすみ)先生

日時  2017年5月21日(日曜日)   10時~15時半

        香席   午前の部 11時~12時半

             午後の部 13時半~15時

場所  畠山記念館 「明月軒・翠庵」 東京都港区白金台二丁目二十の十二

会費  1万円   (香席・点心の昼食・記念館特別展入場券を含む)

 

 

当日は、畠山記念館の10時会館にあわせてご来場いただき

記念館の案内板に従って明月軒までお越しの上、受付をお済ませください。

その後、香席のお時間までご自由に美術館や室礼の拝観・点心席でのご昼食をお楽しみください。

また、香水はお控えの上、洋装のお方は靴下をお持ちください。

日本の伝統文化に触れる良き一日となりますよう、準備を整え皆様のご来館をお待ちしております。

 

 

香道研究家 

林煌純はやしきすみ先生のご紹介

 

IMG_6878

 

林煌純先生は、千有余年にわたり練香の秘伝を伝える大内山家にて研鑽を重ね、

香道が確立された室町時代以前の薫香の哲学を学び、その精神を継承しています。             

平成二十年の「源氏物語千年紀」に際しては、国立能楽堂にて初の試みで

あった能舞台での香筵(こうえん・香席の意)を行いました。

平成二十二年、京都国際日本文化研究センター共同研究員に任命。

また、都内大学において「香の文化と和歌」をテーマにした講座を受け持ち、

最近では駐日ラテン・アメリカ各国大使夫人に香道を指導、代官山のサロン

を起点とし香文化の普及に努めています。

 

 

 

月見香の会ススキ IMG_6880 IMG_6778-2

 

IMG_6848  IMG_6885

 

お写真は、2015年秋に開催した「月見香の会」のものです。

鼓胴花入れにススキ秋草、有職飾り薬玉また、虫籠や蓮の香りなどの室礼で皆さまをお迎えしました。

 

 

組香とは、数種の香木を焚きしめて香りを聞きあてるゲームのようなもの。

林先生の楽しい解説をお聞きしながらすすめていきますので

どうぞこの機会に、年々貴重になりつつある香木の奥深い香りをご体験ください。

 

『香り花房・かおりはなふさ』 宮沢敏子

 

 

2017年04月29日 up date

ブログ更新その70「平成29年 新春のご挨拶」

2017年1月8日

 

松の内も過ぎ

清らかに香りを放つ梅便りも聞かれるようになりました。

 

皆様のおかれましては

穏やかな新春をお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

今年も日本の香りの楽しみ方と

伝統をふまえた四季の室礼飾りのご提案をさせていただきといと思っております。

 

忙しく過ぎてゆく日々の暮らしが

少しでも豊かに感じられますように・・・。

 

_20170111_161023

先生のお宅で催された初釜での愛らしい和菓子。

おみくじの入っている中国のホーチュンクッキーのように

小さな言葉の綴られた紙がはいっています。

私のところには「いそくべからず」と・・・。

何とも納得できるお言葉としてストンと心におさまりました。

 

 

 

実は年末に人生初のインフルエンザにかかりまして

身体をウイルスに支配されてしまいました。

熱がグングンと上がりフラフラとなりましたが、

処方されたタミフルの効果は絶大で

急降下するように程なく平熱へと戻ることができました。

 

しかしながら身体のどこかに逃げ延びたウイルスが潜んでおり

思うように動くことができません。

 

クリスマスの予定も年末の行事もすべてキャンセルとなり

寂しいかぎりの年の瀬を過ごすことになってしまいました。

 

そうこうしているうちに平成二十九年の年が明け、

大丈夫かなと出かけた那須の温泉にユックリつかるうち

ようやく自分の身体を取り戻した次第です。

 

 

 

でも病も悪いことばかりではなかったようで

三八度の高熱とともに

こびりついていた悪いものもすべて死滅したのでしょうか?

 

 

身体もそして心もとっても軽いのです。

 

なかなか答えを出せなかった問題を違う角度から眺められるようになり

思いがけない答えがフッと浮かんで

何故か納得できるようになりました。

 

 

意外と問題を大きくしているのは

自分の内部にある固執なのかもしれませんね。

 

 

さあ、今年も生まれ変わった新たな気持ちで頑張りましょう。

 

自分の思いひとつで

扉は開かれてゆくものかもしれません。

_20170117_110121

 

 

 

平成二十九年一月  「香り花房」宮沢より

2017年01月17日 up date
↑このページの一番上へ